室内窓で採光とインテリア性を高める

注文住宅なら自由な間取りを実現できるものの趣向を凝らしていると、採光の面で不満が出てしまったりしますね。

特に2×4構法の場合は、窓を開けるにも開口幅や開口場所に制限があるので、屋内に暗い部分が出来る場合もあります。

そんな時は、室内窓を開けることによって廊下などに光を取り込むことが可能です。

窓と言っても採光の為だけなら嵌め殺しで十分で、壁にガラスブロックの列を組み込めば同様の効果があります。

湿度の高い富山で通気性を確保するなら開閉可能にします。

伝統的住宅のように欄間を設けるのも効果的です。

室内窓や欄間を設置することのメリットは、採光面以外にもインテリア的に意匠を凝らせる点にあります。

室内窓を開ける場所・大きさ・形・使用するガラスなど、デザイン面で無限の広がりがあります。

また、室内窓を設けることで屋内に独特の陰影が生まれ、雪深い富山の冬もお気に入りの注文住宅の中で楽しく過ごせるでしょう。

不透明なガラスを入れればプライバシーを保ちながら、家族の動向がそれとなく伝わってきます。

造り付け家具なら満足度も高い

憧れのマイホームでの暮らしでは、どんな家具を使うかも重要です。

既に持っているものを運び込んで使うのも一つの方法ですが、富山で注文住宅を購入するなら作り付けの家具も一緒にオーダーするとよいでしょう。

富山の注文住宅メーカーで用意してもらう事や家具製造業者と連携する事も可能です。

造り付け家具のメリットは先ず地震対策の面で発揮され、転倒防止グッズなどで対策を採らなくても安全だという点です。

大きな地震を経験した人は背の高い家具が転倒してくる危険を知っているでしょう。

また、造り付け家具なら壁面を無駄なく有効に利用でき、統一感の面でも満足できます。

富山でおすすめの注文住宅

天井まで届く高さの大型壁面収納はもちろん、出窓・階段・ロフト下といった小さなスペースも活かすことが出来ます。

吊り戸棚を付けたりダウンライトを組み込めばインテリア的にも効果があるので、扉あり・扉なしの場合を検討してみましょう。

造り付け家具に収納する物の種類・量・サイズを事前によく検討して、形状や素材も専門家と詳細に打ち合わせましょう。


Comments are closed.